ケアが不十分だとかゆみ・においの元、不調の元になります…!

 

性病以外でアソコが臭くなる場合は、正しいケアができていないのが原因です。
間違ったケアをやめて嫌なにおいから卒業しましょう!

 

アソコのにおいケアで1番重要なのが洗い方

におい解消のためのポイントは膣をきちんと正しく洗うことです。

アソコの洗い方1


その方法をまとめてみました。
膣は複雑な作りをしているので汚れがたまりやすくにおいやすい場所です。

 

陰核・大陰唇・小陰唇の溝は特に垢がたまりやすいので要注意です。
それを踏まえて正しく洗いましょう!

 

 

 

膣内の洗い方

アソコの洗い方1

膣内はできれば洗うことは好ましくないです!

というのも、膣内は常にpH4程の弱酸性に保たれ、病原体や雑菌の侵入繁殖を防いでいます。=「膣の自浄作用」
毎日石鹸で中まで洗ってしまうと自浄作用が低下してしまい、膣炎などの炎症を引き起こしてしまうこともあるからです。
しっかり洗うのは大切ですが、膣内まで指を入れて洗う必要はありません。

 

 

 

膣外の洗い方

ボディソープや市販の石鹸で洗うと、善玉菌まで洗い流してしまい、雑菌が繁殖します。

アソコの洗い方1


雑菌が繁殖するとにおいを発するので、デリケートゾーン専用の石鹸を使って洗うことがお勧めです。
低刺激で、石油系界面活性剤が入っていないものなので、常在菌を守ることができます。
前から順に、陰毛yajirusi1陰核yajirusi1性器部分yajirusi1会陰部分yajirusi1最後に肛門の順に洗っていくのがベストです!

 

デリケートゾーンは皮膚が薄く粘膜も多いので、できれば優しく泡立てて洗うのが良いです。
ただ、垢や汚れがたまりやすいので、シャワーで流したり泡をのせたりするだけでは中々落ちません。
指の腹を使って、傷つけないよう気を付けながらもしっかり洗います。

 

ただのお湯洗いが良いというのはウソ

石鹸を使わず、お湯だけであらうくらいでいいと書いてある雑誌もありました。
高校生の時にそれを読んで、「へぇ〜そうなんだ、洗った気がしなくて気持ち悪いな」と思って実践はしませんでした。
石鹸でごしごし洗うと善玉菌・常在菌がなくなり悪臭の元となるのは現実ですが、
だからと言ってお湯だけではなかなか汚れ自体が落ちないのです。
アソコは溝があります。そこにおりものや皮脂、尿などが溜まって、汚れの塊になります。
それはお湯で流すだけでは取りきれないので、菌はなくなりませんが、汚れによるにおいが出てしまいます。
なので、洗う時はデリケートゾーン用の石鹸を利用するのがベストなのです。

 

膣外を洗うだけではにおいがとれない!そんな人にはコレ!

いくら正しく洗ってもにおいがとれない、くさい…そんな人は膣内環境が悪化しているはずです。
イカにおい・チーズにおい・生においこれらのにおいは膣内での雑菌の繁殖・菌のバランスの崩れによるものです。
善玉菌のバランス・雑菌の繁殖を防ぐことでにおいは抑えられます。

 

けど、膣内は洗ってはいけない…じゃあどうすればいいの?と思うでしょう。
石鹸で洗わずに洗浄する「インクリア」を使用してみてください。
必ず効果を発揮すると思います。

インクリア

WS000000

 

インクリアは乳酸配合のジェルを腟に直接注入して、腟環境を改善するデリケートゾーンのケアアイテム。
乳酸を補うことで腟の自浄作用を高め、気になるにおいやおりものを軽減します。

 

無着色無香料無鉱物油界面活性剤不使用ノンアルコール。
産婦人科医と共同開発されたもので安心に使えます。

 

酸性のジェルでPHが整います。使い方はタンポンのように注入するだけです。
細いのでやりやすく、個別包装なので持ち運びも簡単です。
ジェルなので少しこぼれてしまう場合もあるのでパンティライナーを使用すると良いです。

 

直接膣内の金バランスを整えてくれるのでにおいは劇的に変わります。
ホルモンバランスが気になる時や、SEX前後にさっと使えるので重宝します!
無臭の女の子はそれだけで大きな魅力です。

 

デリケートゾーン においのトップへ