デリケートゾーン ウォッシュとは?普通の石けんと何が違うの?

デリケートゾーンを洗うときに、皆どんな洗浄剤を使っているのか気になりませんか?体を洗う石けんやボディーソープで洗っている人が多いですが、デリケートゾーンの臭いや黒ずみが気になる場合は、違う洗浄剤を使用したほうが良いのでしょうか?

デリケートゾーン ウォッシュって?

デリケートゾーンウォッシュとは、デリケートゾーン専用の洗浄剤で、タイプは石鹸から液体まどの色んなタイプがあります。ほとんどは「臭い」や「黒ずみ」に対応している商品が多く、配合されている成分も臭いや黒ずみに有効な成分が配合されています。

 

デリケートゾーンは、普段から下着などの締め付けやムレで湿気がたまりやすい場所です。そのうえ「おりもの」や「尿」などの老廃物もあるので、どうしても臭いが起こりやすい場所ともいえます。
臭いがあるとどうしても、洗浄剤でゴシゴシ洗ってしまうのですが、その行為が余計に臭いと黒ずみを生み出してしまっているのです。
デリケートゾーンの皮膚は非常に薄いので、強い成分の配合されている洗浄剤を使っていると、汚れと一緒に必要な潤いまで取り除いてしまうのです。潤いがなくなることで乾燥してしまい、バリア機能がなくなり角質や汚れが溜まり臭いが発生しているのです。
デリケートゾーンウォッシュの特徴は、天然植物由来の成分を使用しているものが多く肌に負担をかけません。肌にいる常在菌を残しつつ汚れを取るので、潤いバリアも壊れず老廃物や刺激から守ってくれます。さらに、気になる臭いに効果のある成分や黒ずみに効果がある成分が配合されています。

 

 

デリケートゾーンウォッシュとほかの石けんの違い

デリケートゾーンウォッシュとほかの石けんとの大きな違いが「肌への優しさ」ではないでしょうか。
通常の石けんやボディーソープは、ほとんどがアルカリ性でできています。アルカリ性の洗浄剤は汚れはよく落ちるのですが、デリケートゾーンを洗うと必要な常在菌まで落としてしまうので、潤いバリアが壊れやすいです。
しかしデリケートゾーンウォッシュは、弱酸性なので肌に負担がなく、不必要な菌だけ洗い流すことができるのです。潤いを残すことで乾燥しないので、臭いや黒ずみもできにくいということです。
デリケートゾーンのにおいや黒ずみが気になる場合は、デリケートゾーン専用の洗浄剤を使うことで悩みもなくなるのでおすすめです。

 

 

デリケートゾーンウォッシュは敏感肌でも使える?

⇒しみ・かゆみ・痛みは出ないか?記入
デリケートゾーンウォッシュは、通常の石けんやボディーソープで多く配合されている「石油系」の成分を使わずに、天然植物由来成分を使用しているので、敏感肌の人でもかゆみや痛み・しみなどの肌トラブルは起こしにくくなっています。
デリケートゾーンウォッシュ以外のソープよりデリケートゾーンウォッシュは、かなり肌に優しいものなので、敏感肌の人には是非使って欲しいと思います。
特にデリケートゾーン専用ウォッシュの「アンボーテ」はその点では特にオススメできる商品です。配合されている成分は、日本で始めて「有機認証COSMOS」の基準をクリアしたデリケートゾーンウォッシュなんです。

 

 

生理中や妊娠中・出産直後も使用できる?

生理中や妊娠中・出産直後は普段の時よりデリケートゾーんは敏感になっています。それに経血によるにおいもあるので、余計に臭いがきつくなり気になってしまいますよね。
デリケートゾーンウォッシュはそんな時だからこそ使って欲しいです。優しい成分で作られているので、生理中でも妊娠中でも出産後でも安心して使うことができます。

 

臭いケアの方法として、生理中などは経血がアンダーヘアーにつくと雑菌が繁殖しやすくなり臭いもキツクなるので、長い毛はカットすることで、臭いも軽減できます。
そして洗い方としては、優しくデリケートゾーンを包むようにして洗うようにしてください。